保存会

会長あいさつ

 保存会会長の梶本和宏です。昭和62年に親父がたまたま敷地内の片隅に植えた藤の木が、立派に成長し優雅な花を1万房も咲かすようになったので、平成13年より一般公開しておりました。 年を追うごとに個人での維持管理、まつりの運営に限界をきたし、親父の懇願で有志による保存会が出来ました。 私も退職を機に、親父の遺した藤の樹を地元の皆さんの理解の下、地域の宝として守っていきたいと思っています。 1本の樹に4万の花房を、毎年咲かすのは苦労がいります。自然物ゆえ綺麗に咲いてくれるか心配ですが、4月に無事、皆さまをお迎えできるよう、保存会メンバーと共に、皆さまの癒し空間づくりに微力を尽くしています。 今年も藤の樹との「気の交流」を楽しみにお出かけ下さり、ありがとうございました。

活動内容

平成16年10月の「まちづくりシンポジウム」で、この藤を育てた梶本昌弘(故人)さんの要請を受けた市民団体が、平成17年の藤まつりから応援に入り。平成18年4月藤保存会が結成される。当主昌弘さん(愛称:平成の花咲か爺さん)は、平成20年12月に天寿を全うされました。以後の藤の樹のお守や一般公開(ふじまつり)は、保存会が管理しています。  この樹の子孫を増やす活動も行っています。(現在、市立農業公園”花咲きファーム”と”長慶寺”に育成中です)   今年は花咲か爺さん亡き後、10回目の「ふじまつり」を迎え、梶本昌弘翁を偲ぶ、回顧展を開催させて頂きました。

幹事紹介

役職 名前 プロフィール
会長 梶本和宏 故梶本昌弘さんの長男で現当主
育成 兼 催事担当 廣田秀男 昌弘さんと旅先で意気投合した、泉南市文化協会写真クラブの元会長
案内 兼 会計担当 片木俊昭 信達宿の景観保存に取り組む元区長で、NPO法人の副理事長
事務担当 森広浩允 まちおこしイベントで保存会設立を依頼された、NPO法人の理事長 

会員組織

以下の団体で、保存会が構成されています。

信達牧野区・信達市場区・七福会・信達婦人会・ご近所の会・NPO法人せんなんまちづくりねっと・泉南写真クラブ・泉南案内人の会・NPO法人泉南の里山を大切にする会・ 信達母子福祉の会